忍者ブログ

エンタメ動画日記 -映画等の紹介-

動画を中心とした映画、アニメ、漫画の紹介日記。

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のブログランキングを見る

映画 武士の一分(監督 山田洋次、主演 木村拓哉)



武士の一分観てきました~~~(^^♪(^^♪(^^♪

いきなり感想!!で申し訳ないような気がしますが・・・
ひとこと「キムタク渋いっっ」です。

私は原作は読んでいないのですが、かつての日本の情景が目に浮かぶようでした。三村新之丞を演じる木村拓也さんと、その妻である加世(壇れいさん)。夫婦つましく暮らしており「早く引退して子供たちに剣を教えたい」というのが夢であった。

藩主のお毒見役をしていたのだが、貝毒にあたり高熱を出し、失明してしまう。

自分は全く役にたたない人間になってしまった。生きる価値などない。この先誰かの手を借りなければ生きてはいけない人生なんて捨てた方がマシだ・・・。

そんな夫を励まし、支え、命さえあれば良い。小指一本になったとしても誇りに思う・・と妻の加世は夫に生きる気力をつけてもらおうと必死だった。

そんな甲斐甲斐しく夫に尽くしてきた妻の様子がおかしい・・・どうやら不貞を働いているようだ。一体なぜ?相手は誰か?自分は愚弄されてしまった。しかし、それには深いわけがあった・・・・。

愛する夫のため・・・何とか自分の役にたてることはないかと必死にもがき苦しみ・・・番頭の島田藤弥に口添えをお願いにあがり罠にはまる・・・

そんな妻を裏切りと感じ離縁し、復習を誓う新之丞・・・ここからキムタクの演技の素晴らしさが更に拍車をかけてましたね(^^♪

幼少時代から習っていたというだけあって、剣の使い方も本当に素晴らしかったですし、絶望の淵に立たされた喪失感、見えない目で見ているさま・・・緊迫感あふれる演技に心打たれるものがありました。

二度と剣を持たないと誓っていたが握る決意をさせたものは、絶望の淵にいた武士に最後に残された意地。9割捨ててしまってもどうしても捨て去れない名誉と誇り。

この一分・・・それは愛なのでしょうか・・・

武士の一分

by ロードナイト

PR

今日のブログランキングを見る

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

「 武士の一分 (2006) 」
監督・脚本 : 山田洋次出演 : 木村拓哉 / 檀れい / 笹野高史 他 公式HP:http://www.ichibun.jp/「 武士の一分 (2006) 」原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」、「隠し剣/鬼の爪」に...

Tracked on 2006/12/23 Saturday 15:01:19

from MoonDreamWorks

武士の一分
譲らない心。譲れない愛。【ストーリー】海坂藩の毒見役として務める新之丞(木村拓哉)は、毒に当たって失明。夫婦の将来を案じ、助けを求める妻(壇れい)・加世は、助けるふりをして言葉巧みに言い寄る上士・島田藤弥(坂東三津五郎)の罠にはまってしまう。新之丞は盲目の身ながらも復讐を誓い、島田に果し合いを申し込むが・・・【観賞後の感想】地元の映画館によると、今年は日本映画バブルなのだそうです。日本映画にヒット作が多いのではなく、ハリウッド映画にヒット作がないそうです。日本映画ファンド...

Tracked on 2006/12/26 Tuesday 23:24:10

from シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー

武士の一分 チラシ画像と、原作「盲目剣谺返し」感想など
映画「武士の一分」見ました。感想は⇒こちら クリックすると拡大なります。

Tracked on 2007/01/06 Saturday 11:25:49

from ポコアポコヤ 映画倉庫

『武士の一文』 最優秀助演男優賞は決まったようなもの
自ら予告編の記事を投稿していたので早々に行きたかったものの、12月は会社の引越しやら何やら登記変更手続きに追われていましたので、時間がとれませんでした。まあ、年が明けて落ち着いて観賞できたので良しとします。 感想はといいますと、中間の徳平役、笹野高史が素晴らしかったですね。 木村拓哉演じる下級武士三村新之丞の悪ふざけに付き合わされたり、文句や我が侭を言われたりしても、飄々と主人に従う姿は滑稽でもあり、主従の固い絆を感じさせてくれます。しかも徳平はストリーの中で重要な役割となっている。 笹野さんが出演した...

Tracked on 2007/01/07 Sunday 02:00:12

from 好きだから、甘々コメント

武士の一分
『武士の一分』 公開:2006/12/01(12/03鑑賞) 監督:山田洋次 原作:藤沢周平     『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収) 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍

Tracked on 2007/01/07 Sunday 11:13:06

from 映画鑑賞★日記・・・

「武士の一分」感想(紅白歌合戦出場SMAPの木村拓哉〔キムタク〕さん主演の日本映画)
「武士の一分」(木村拓哉さん主演)を観てまいりましたが、なかなかの作品でした。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ

Tracked on 2007/01/07 Sunday 21:41:24

from 韓国映画&韓流スターサランヘ

武士の一分
そーいえば観たんだった。 ちょっと前、バンコクに行く飛行機の中で 武士の一分 監督:山田洋次 おばあちゃんがコレを観に行って以来、 キムタクブームが来た!!と言って、 TVに出てるのを見かけるたびにちょっとテンションが上がってました。 だからち...

Tracked on 2007/05/12 Saturday 21:50:43

from Diary

『武士の一分』 一分にかける愛
お毒見役って、大変な仕事だなぁ。 毎日どころか毎食、死ぬかもしれない仕事なんて。 絶対ヤダ。 どんだけお手当てもらったら、こんな仕事ができるだろか。 しかも、あたったのが盛られた毒じゃなくて、 赤つぶ貝の毒ってのがまた、運悪かったねぇ、 としか言えないし。 仕事でそういう状態になったのに、 お役ご免になった途端に、捨てられて。 お上からいただいた言葉は、「大儀」一

Tracked on 2007/10/05 Friday 19:32:55

from *モナミ*

武士の一分
人には命をかけても守らねばならない一分がある。

Tracked on 2009/06/12 Friday 16:46:54

from Addict allcinema 映画レビュー

この記事へのトラックバック




最新トラックバック
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└岐阜県出身のハーフモデル、ドーキンズ英里奈がベストジーニスト受賞!
(04/ 13)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└暴走系勘違いアイドル・姫宮みちりが自殺?ブログに遺書掲載
(04/ 02)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└ミス立教にも選ばれた日テレ・豊田順子アナが話題に
(03/ 26)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└やまぐちりく デビューAVのパッケージ画像&サンプル動画がついに公開!!
(03/ 05)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└宮迫博之、密会撮られた!お相手は元グラビアアイドルの木村まみ?
(01/ 29)
人気ページランキング
ブログパーツ
※集計は月末にリセットされます。

日本の映画料金は高い!!

映画鑑賞料金1,800円!!


なぜ日本の映画料金は高いのか?いびつな日本の映画産業について詳しく説明されています。

映画産業論


RSS
 RSSリーダーにご登録頂きますと最新情報を自動的に取得することができます。

RSSリーダーとは


アクセスカウンター
google pagerank
プロフィール
HN:
マルコ
HP:
性別:
非公開
趣味:
映画、漫画、アニメ等

自己紹介:


 主に映画.漫画.アニメ等を動画を中心に紹介しています。エンタメ動画日記では、エンタピアSNSで公開の許可を頂いた記事を掲載しております。SNSへはリンク先から登録することができます。
 このブログを観て「おもしろそうだな」と感じた方はぜひお立ち寄り下さい。


コミック・アニメランキング


DVDランキング


映画最新情報


フリーエリア
ブログランキング
ランキングに参加しております。
よろしければ、クリック下さい。
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
ランキングオンライン
アクセス解析
免責事項
 動画に関して著作権等の問題がありましたら、コメントにその旨ご記入ください。当該記事を削除いたします。

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]