忍者ブログ

エンタメ動画日記 -映画等の紹介-

動画を中心とした映画、アニメ、漫画の紹介日記。

<< | 2017/12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のブログランキングを見る

漫画 バイオメガ(作 弐瓶勉)

BIOMEGA 1 (1)  BIOMEGA 2 (2)

「BLAME!」で才能を開花させた弐瓶勉の作品。現在ウルトラジャンプにて連載中。

西暦3005年、7世紀ぶりに火星への有人飛行を成し遂げた人類。すでに廃墟と化し、水も酸素もないかつての入植地で、探査船乗組員は1人の女と出会う。その後、帰還中に探査船は地球周回軌道上で大破。発見された乗組員の遺体は未知のウイルス「N5SV」に冒されたまま、軌道上を漂い地上に胞子を撒き散らしていた…。

半年後、地球。東亜重工のエージェント、庚造一(カノエ・ゾウイチ)は、DRFの管理下にある人工島「9JO」に潜入。そこはすでにN5Sウィルス感染者「ドローン」で満たされていた・・・!!
ウイルスの地表全域拡散まで残り役15時間。造一はN5Sウイルス適応者を探り出し、保護することはできるのか!?(単行本表紙より)

「BLAME!」に比べると、とっつき易くなっており、登場人物もよくしゃべる(笑)
現時点では2巻までしか発売されていないが、全体的な完成度はかなり高く「BLAME!」を超える作品になるのでは。

弐瓶作品お約束のカッコよすぎる登場人物や兵器、建造物は健在。

主人公の庚造一は東亜重工製の合成人間で恐ろしく強い。
東亜重工製の女性型人工知能カノエ・フユは造一の重二輪(バイク)に搭載されており「庚班」を組んでいる。
やたらと破壊力のある拳銃型兵器は電気的な充電が必要で、携帯電話の電池マークのようなものが表示されている。マナーモードを解除することで最大出力での射撃が可能となるという遊び心も。
「BLAME!」での兵器はほとんど銃ばかりでしたが、「バイオメガ」では車に戦闘機、戦車、空母など様々な兵器が登場し、読んでいて飽きさせない。
戦闘シーンでは独特のスピード感があり「一秒って長い!」って感じるほど!

そして、弐瓶作品ではめずらしく"しゃべるクマ"という新しいキャラクターも登場し、読者を楽しませようとする演出がちらほらと。

キャラ、ギミック、構図、スピード感、すべてがカッコイイ作品です!!

「BLAME!」のレビューはこちら

by マルコ
PR

今日のブログランキングを見る

漫画 BLAME!(作 弐瓶勉)

BLAME 1 (1)


「大地って何だ?」

時代も判らないほど遠い未来。 世界は高度に発達したネットワークと、惑星を丸ごと覆うほど巨大な超構造都市"メガストラクチャー"によって構成されている。
メガストラクチャーに住む人間達は、ある厄災によりネットワークにアクセスする能力を失ってしまう。
能力を失った人間達は不法居住者として"セーフガード"に排除されていく・・・

主人公である霧亥(キリイ)はネットに接続する能力である"ネット端末遺伝子"を求めて、"メガストラクチャー"の無限に広がるフロアを放浪する。

ハリウッド映画等のSF設定を凌駕するその斬新な発想に魅せられたファンは多い。
超構造都市の設定からして、惑星を覆いつくし、木星の軌道にまで達しているという途方もないものである。
無限に広がるフロアを旅していく感覚はなんとも言えない独特の世界観をかもし出す。

「BLAME!」の特徴として、とにかくセリフが異常に少ない!
淡々とストーリーが進み、物語のキーとなるワードも説明されることなく突き進んでいく。
それが多くの謎を生み出し、何度も読み返すというスパイラルにはまる。
読み返す度に新たな発見がある不思議な作品である。

主人公の霧亥が手にするビーム兵器"重力子放射線射出装置"は射出する度に周りのビルが崩れ落ちるという尋常ではない威力を持つ。それを人間サイズの敵にぶっぱなしまくるので、戦闘になるたびにその辺一帯は火の海に・・・けっこう爽快です。

SFが好きな方は見逃すことができない傑作です。

弐瓶勉最新作 「バイオメガ」のレビューはこちら

by マルコ

今日のブログランキングを見る

漫画 デビルマン(作 永井豪)動画有

デビルマン (1)


アニメは漫画(コミック)と違って、キャラのデザインをよりヒーローっぽくアレンジして、話の内容も単純なものになっている。
そういう意味ではアニメと漫画のデビルマンは別の作品と言ってもいいでしょう。
漫画でのデビルマンはより悪魔っぽいデザインで無意味にデカくなったりしません。

氷の中で眠っていたデーモン(悪魔)が目覚め人間を攻撃し始めた。人間でありながらデーモンの能力を持つデビルマンの不動明が応戦するが、やがて人間との前面戦争になる。
戦争の最中、デーモンの研究は続けられたが一向に正体がわからない。そんな中TVでは、デーモンは人間の中にある反抗や不満といったネガティブな精神の産物であるという検討違いの発表をしてしまう。
やがて、人間による人間の悪魔狩りが始まる・・・

デビルマン
「おれはからだは悪魔になった・・・だが、人間の心を失わなかった!きさまらは人間のからだをもちながら悪魔に!悪魔になったんだぞ!これが!これが!おれが身をすててまもろうとした人間の正体か!」

ものすごく考えさせられるセリフです。

by マルコ

動画は映画版デビルマン

今日のブログランキングを見る

最新トラックバック
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└岐阜県出身のハーフモデル、ドーキンズ英里奈がベストジーニスト受賞!
(04/ 13)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└暴走系勘違いアイドル・姫宮みちりが自殺?ブログに遺書掲載
(04/ 02)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└ミス立教にも選ばれた日テレ・豊田順子アナが話題に
(03/ 26)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└やまぐちりく デビューAVのパッケージ画像&サンプル動画がついに公開!!
(03/ 05)
映画 蟲師(監督 大友克洋、出演 オダギリジョー、蒼井優)動画有
└宮迫博之、密会撮られた!お相手は元グラビアアイドルの木村まみ?
(01/ 29)
人気ページランキング
ブログパーツ
※集計は月末にリセットされます。

日本の映画料金は高い!!

映画鑑賞料金1,800円!!


なぜ日本の映画料金は高いのか?いびつな日本の映画産業について詳しく説明されています。

映画産業論


RSS
 RSSリーダーにご登録頂きますと最新情報を自動的に取得することができます。

RSSリーダーとは


アクセスカウンター
google pagerank
プロフィール
HN:
マルコ
HP:
性別:
非公開
趣味:
映画、漫画、アニメ等

自己紹介:


 主に映画.漫画.アニメ等を動画を中心に紹介しています。エンタメ動画日記では、エンタピアSNSで公開の許可を頂いた記事を掲載しております。SNSへはリンク先から登録することができます。
 このブログを観て「おもしろそうだな」と感じた方はぜひお立ち寄り下さい。


コミック・アニメランキング


DVDランキング


映画最新情報


フリーエリア
ブログランキング
ランキングに参加しております。
よろしければ、クリック下さい。
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
ランキングオンライン
アクセス解析
免責事項
 動画に関して著作権等の問題がありましたら、コメントにその旨ご記入ください。当該記事を削除いたします。

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]